山口県柳井市「しらかべネット:子ども広場 & 市子連:子どもフェスティバルin柳井まつり」

学校づくりと地域づくりの一体的な推進をめざして

 柳井市では、市内の全小中学校がコミュニティ・スクールに指定され、地域に根差した学校づくりを推進しています。

 これまでにも、各校が地域との連携事業を通して、地域の中で子どもたちを育てるための取組を行ってきましたが、今年度、市内にある4つの中学校区のうち、柳井中学校区の7校(6小学校・1中学校)が「しらかべネット」を立ち上げました。これは、中学校区を単位として、概ね15年間の子どもたちの育ちや学びを地域ぐるみで支援していく仕組み(地域協育ネット)づくりを目指したものです。

今年は、毎年11月23日に行われる「柳井まつり」に、しらかべネットのほとんどの小中学校が地域団体とともに参加します。10月15日には参加する各学校・団体の代表者が集まり、内容を協議しました。

 当日は、地域ブランド商品などの販売や展示・体験活動コーナー、ブラスバンド演奏などで祭りを盛り上げようと計画しています。

                  

  しらかべネットキャラクター「くるりんぎょ」(生徒作品)    柳井まつり子ども広場実行委員会(10月15日開催)