表町放課後子ども教室

当該教室の概要 市内小学校60校のうち、平成19年度は3小学校区、20年度は6小学校区で放課後子ども教室を実施している。各教室とも地域のボランティアの指導・見守りのもとに様々な遊びや体験活動、学習活動を展開している。
地域の現状と課題 長岡市では、40小学校区に児童館が設置されており、放課後児童クラブも38カ所で開設している。その運営は主に地域住民で組織されているコミュニティ推進組織に委託している。放課後子ども教室についても、放課後児童クラブと連携しながら進めるために同組織に委託して実施している。実施場所としては、地区のコミュニティセンター・児童館と学校の体育館等を利用している。しかし、児童館はあっても学校から遠いとか学校施設に余裕がない等、活動場所の確保が難しい地域も多い。また、充実した活動を無理なく地域ぐるみで進めていくための指導者、ボランティアの確保も大きな課題となっている。
活動場所 実施小学校の体育館、グラウンド、図書室・パソコン室等の特別教室及び各小学校区に設置されているコミュニティセンター・児童館
活動日・時間

○表町教室
月、水、金曜日(15:00~17:00)、土曜日

 

○神田教室
週2回(15:00~17:00)

 

○希望が丘教室
月、火、木、金曜日(15:00~17:00)、隔週土曜日

 

○黒条教室
月、木曜日(16:00~17:00)

 

○前川教室
週1~3回(15:00~17:00)、土曜日

 

○宮内教室
月、木曜日(15:00~17:00)、土曜日

 

※各教室とも土曜日及び学校の長期休業中は別計画により実施
※表町・神田・希望が丘教室は平成19年度より開設

参加対象 教室開設地区の小学校の全児童(一部教室では中学生の参加も可)
活動内容

○遊びの場
ボール、縄跳び、一輪車、竹馬、鬼ごっこ、折り紙、昔の遊び等

 

○体験の場
スポーツ体験:野球・サッカー・バレーボール等の球技、水泳、バトミントン等
自然体験:草花の栽培、ビオトープ活動、稲作等
文化体験:百人一首、手芸教室、囲碁・将棋、生け花、お茶、料理教室、絵手紙等

 

○学びの場
メダカの観察等の理科教室、各種の造形教室、パソコン教室、読み聞かせ、読書、自主学習等

 

○交流の場
ボランティアとの交流会、地域のコミュニティ祭りへの参加、スイカ割り等の各種行事等

指導者 各コミュニティ推進組織の放課後子ども教室実行委員会が地域住民に呼び掛けて確保に努めている。体験教室の実施については、地区のコミュニティセンター利用団体等に指導を依頼している。
地域との関わり 各コミュニティ推進組織では、放課後子ども教室実行委員会を立ち上げたり、コミュニティ活動に組み入れたりしながら、地域ぐるみの活動となるように図っている。
参加方法・費用 月ごとの計画を学校を通して配布し、その内容に応じながら子どもたちが自由に参加している。(内容によっては申込制としている。)黒条教室では、指導者の準備の関係から教室の開始当初から申込制をとっている。費用は無料(但し、自己負担が適切と思われる材料費等は有料)
放課後子ども教室と放課後児童クラブとの関係 児童クラブの児童厚生員からも子ども教室の実行委員会に入ってもらい、両者の連携を図るようにしている。児童館で児童クラブを開設している場合、希望する子どもについては、児童厚生員もしくはボランティアが付き添って放課後子ども教室に参加している。
保護者の感想 ・学校と地域の方が協力し合っていてすばらしいと思います。そんな環境の中で過ごせて幸せに思います。
・放課後にそこに行けば誰かお友達がいて広い学校の体育館で思いっきり走り回ることができ、大人がいて見守ってくれていっしょに遊べて、子どもたちにとっても安心できる場です。ボランティアさんの力に感謝しています。
・高学年で学校から帰ってくる時間も遅いし、習い事もあったりの日があり行きたくても行けない。
ボランティアの感想 ボランティアとして子どもたちといることが、こんなに楽しいものだとは思わなかった。
運営主体の感想 参加している子どもたちと地域の方々が喜んでくれているのがとてもうれしい。子どもによりよい遊びの場を提供したり、子どもたちに経験して欲しい多様な活動を計画しているので、もっと多くの子どもたちの参加を望んでいる。特に、異学年交流が進むためにも高学年が参加しやすい手立てを考えていきたい。
各教室の特色

表町教室
週1回は体育教室、2回は各種体験教室、1回は自由遊びを中心としている。児童館の児童厚生員が中心となり、ボランティアの協力を得ながら、児童クラブとの関連を重視しながら企画・運営している。

 

神田教室(神田子どもの城)
実行委員会を総務部、企画部、組織部、広報部で構成し、地域住民による運営を進めている。週1回は学校の体育館での自由遊び、もう1回は各種体験教室を実施している。

 

希望が丘教室(希望が丘あそびの城)
子どもたちを見守り、共に活動するボランティアが100名を超える等、多くの地域住民の参加を得ている。自由遊びが中心であるが、地域のサークルや市内の2大学1高専の協力を得た体験教室も実施している。20年度は、文化庁の委託事業「伝統文化こども教室」を受け、隔週土曜日に生け花とお茶の教室を開設している。

 

黒条教室
地域のサークル活動をしている方々により陶芸、お茶等6教室を開設しているが、準備の関係等により年間通しての申込制としている。

 

前川教室
全校児童54名という小規模校の学校内に児童館が設置されており(児童クラブはなし)、学校との連絡を密にとりながら実施している。また、児童館の関係者が中心となって計画・運営しているが、週数回、地域住民の参加を得て、放課後子ども教室を実施している。

 

宮内教室(宮内あそびの広場)
児童クラブが児童館と小学校内で実施されており、子ども教室についても、学校の体育館や図書室と児童館・コミュニティセンターの2か所で自由遊びと諸体験教室を展開している。

今後の課題 この事業を未実施地区にも開設したり、地域に根ざしたものとしていくためには、企画・運営を核となって進めてくれる地元の人材、多種多様な体験を提供できる指導者、子どもと共に活動することに喜びを見出してくれるボランティア等を開設地域でどれくらい確保できるかにかかっている。コミュニティ組織を通したり、口コミを通しながら一層のアピールに努めたい。

学校支援地域本部