「もりもりキッズ」

当該教室の概要 特定非営利活動法人「子どもと文化の森」が受託者となって事業を行っている。
学校生活を終えた子ども達が、家庭生活へと移動する、その途中の時間を使って、子ども達がのんびり、ゆっくり過ごせる、「子どもの居場所」になればと願って事業を行っている。
地域の現状と課題 児童センターの留守家庭児童事業(小学3年生まで)の対象外となる子どもや、一時的に保護者がみえない方、さらには保護者がみえても子ども達が気軽に家庭外で活動を希望する事例が増えてきており、その受け皿が必要となっている。
「○○対策」という暗いイメージではなく、積極的により良い子育て、子育ち環境の整備を行う事業展開の必要性を感じている。
活動場所 余野学習等共同利用施設を拠点とし、屋外活動では、境内や公園などを活用
活動日・時間 毎週木曜日・金曜日 15:30から17:30を原則とする
参加対象 小学1年生から6年生
活動内容 もりもりキッズの主役は子ども達
○ものづくりや五感(見る、聞く、触る、味わう、嗅ぐ)を楽しむ遊びを主に、子ども達へ可能な限り「わくわく体験」を提供しようと心がけている。主な活動は次のとおり。
・手作りおやつの日
毎月1回、子ども達が自分で作ることのできるおやつ作りをします。
・達人と遊ぼうの日
科学遊びや藍染、紙からくりなど、地域のおじさんが達人だったりするので、子ども達がその技を盗めるようなきっかけづくりをします。
・ゆるもりの日
屋外で、のんびり、ゆっくり遊べるような機会を作ります。友達と約束しなくても、飛込みでもOK。
指導者等 保育士や教員の資格を持つスタッフが、教室の開催理念に基づいて、プログラムを作成しています。
地域とのかかわり まちづくり活動団体(子育てグループ:マミーポケットなど)との共同企画や地元自治会、行政などと随時、連絡・調整を行っている。
安全管理方策 事業に賛同するボランティアスタッフ等が安全管理員として、子ども達の活動を見守っている。
参加方法・費用 年間登録料として1,500円(主に保険料)3か月1,000円
18年度までの取組 平成17年度から、地域子ども教室推進事業として事業展開し、平成19年7月より、放課後子ども教室として事業実施。
放課後子ども教室と放課後児童クラブの関係 年間登録を原則とするが、一時的な参加も受け入れることで、放課後児童クラブ事業を補完するという役割の違いを認識しながら、協力関係で事業を行っている。
参加者・保護者の感想 ・子どもたち
「時間ができた時に遊びに行ける」「いろいろなことが体験できるから楽しい。」
・保護者
「急に留守になっても安心」「お友達と一緒に遊んで、共通の体験から影響を受けているよう。」
運営主体の感想 子ども達に、「どんな時間の過ごし方を提供できるのか」に知恵を絞ります。安全管理など気遣いは絶えませんが、子ども達の笑顔、歓声を聞いていると微笑ましく疲れも忘れます。
今後の予定 可能な限り事業を継続し、より多くの参加者が集まってくるよう、努力したいと考えています。
今後の課題 スタッフの確保

学校支援地域本部