「寺子屋教室」

健康体操のストレッチ中(親も一緒に参加)

健康体操のストレッチ中(親も一緒に参加)

手編み教室の風景(サークル仲間の指導者)

手編み教室の風景(サークル仲間の指導者)

当該教室の概要 文化系教室11教室、スポーツ系教室11教室
地域の現状と課題 子ども・保護者が希望するメニューの教室を開くことが難しい。
活動場所 公民館、学校(体育館・教室)、公共運動施設、コミュニティ施設
活動日・時間 土曜日:午前9時から午後9時まで
参加対象 小学校1年生から中学校3年生まで
活動内容 文化系11教室は「囲碁」「ハンドベル」「英語」「手作り工作」「そろばん」「粘土で作るちっちゃいもの」「マジック」「手編み」「ダンス」「土と遊ぼう」「ハーモニカ」
スポーツ系11教室は「グラウンドゴルフ」「なぎなた」「インディアカ」「トータルスポーツ」「キックベースとドッジボール」「剣道」「ソフトボール」「ソフトテニス」「スポーツチャンバラ」「卓球」「健康体操」
指導者等 学習アドバイザーはサークル活動の方、まちの先生、学校の先生などへ町広報と個別に募集の声をかけている。
コーディネ-ターは小中学校の保護者へ町広報と個別に募集の声をかけている。
地域とのかかわり 学校は生徒の募集案内から随時の連絡などと教室・体育館・運動場など施設の使用に協力を頂いている。
体育協会・文化協会の各サークルに学習アドバイザーとして協力して頂いている。
安全管理方策 安全管理の手引きに沿って運営している。
参加方法・費用 参加費を1教室1人1,000円を徴収し、保険料と教室の運営費に当てている。
18年度までの取組 平成14年度に学校週5日制のスタートにより土曜日における子どもの学び体験を支援するために寺子屋教室を開催した。今年で6年目になり、継続している。
放課後子ども教室と放課後児童クラブの関係 行政が事業の事務全般を運営している。各教室が独自に活動している。
子ども教室と児童クラブは関係も連携も持ってない。
参加者・保護者の感想 指導者がやさしい。わからないと指導者にすぐ聞けてうれしい。
好きなことに取り組み、楽しい。先生が真剣にやさしく、おもしろい。出来ないことが出来、友達に会えてうれしい。
親として子どもの好きなことが出来、満足して役立っている。
運営主体の感想 指導者の方が積極的に取組んでいただけることに感謝しています。
多くの子どもが参加してくれてうれしい。
子ども上達は楽しみであり、上達は難しい。指導者も集まるのに苦労している。
今後の予定 安全に安心できる教室の開催を継続すること。
今後の課題 指導者が少ない教室ではその確保が必要である。
保護者の参加が少ないので増やしたい。
子どもの行き帰りに地域の協力を得たい。

学校支援地域本部