「かわね放課後子ども教室」

自主学習

かわね放課後こども教室は、平成19年4月23日に開校し、現在3~7人の児童が参加しています。全校児童が25人という小規模校のため、参加している児童は少ないですが、アットホームな環境の中、毎日元気に活動しています。
写真は、自主学習風景を写したものです。上級生が下級生を指導しながら自主学習しています。写真の右側に立っている3人の方が、(左から)コーディネーター、安全管理員、学習アドバイザーです。3人とも地域の自治振興組織(川根振興協議会)の方々で、厳しい中にもあたたかい心で子どもたちを見守っていただいています。

目的 子どもが地域社会の中で、心豊かで健やかに育まれる環境づくりを推進するため、子どもの安全・安心な活動拠点づくりとして放課後子ども教室を開設する。
放課後における小学校の余裕教室等を活用し、学習やスポーツ・文化活動、地域との交流活動等の取り組みを実施する。また、異年齢との遊びや生活を通して、基本的生活習慣を身につけながら、人間関係を育てることを目的とする。
実施場所 安芸高田市立川根小学校(図書室)・エコミュージアム川根
実施日 月~金曜日(放課後)、土曜日及び長期休業期間(終日)
時間 【月・火・木・金曜日】16:30~18:30
【水曜日】15:30~18:30
【土曜日及び長期休業期間】8:30~16:30
対象 川根小学生児童 25人(全校児童数25人)

学校支援地域本部