放課後長峰子ども教室

当該教室の概要 平成16年度からの地域子ども教室を3年間実施し、今年度から放課後子ども教室として地域子ども教室での実績を基本に新たに市と実行委員会と委託契約を結んで、実施している。活動日は水曜日の午後と土曜日午前の週2回開催している。
地域の現状と課題 地域の子どもの安全・安心な居場所づくりからスタートした、長峰子ども教室を6月からスタートしているが、安全管理員・ボランティアスタッフの確保が課題である。
活動場所 稲城市長峰小学校 体育館他
活動日、時間 毎週水曜日 午後2時45分~4時45分
毎週土曜日 午前9時30分~11時30分
参加対象 小学生
活動内容 体育館での自由遊び、バドミントン教室、ミニサッカー教室、クラフト教室などの手芸教室
指導者等 地域ボランティア講師、NPO団体等
地域とのかかわり 地域市民による実行委員会への委託事業として実施している。
安全管理方策 安全管理マニュアル等緊急時、日常的な事故・怪我等への対応を図っている。
参加方法・費用 教室への参加費用は原則無料。クラフト教室等材料費が必要な場合には実費徴収。
18年度までの取組 地域子ども教室として16~18年度の3年間、実行委員会として実施してきている。
放課後子ども教室と放課後児童クラブの関係 地域イベント等への参加も含めて、情報交換など行っていきたい。
参加者・保護者の感想 保護者からは、是非継続実施して欲しいとの声が届いている。
運営主体の感想 6月からスタートして、1日平均20名前後参加している。体育館での自由遊びでは少ない感はあるが子どもたちが自由に伸び々遊ぶには最適の場と思われる。
今後の予定 毎月の定例的なクラフト教室や地域でのイベントなどに積極的に参加できる機会の提供をはかって行く。
今後の課題 放課後子ども教室について、次年度以降の取組み・他の学校区も含めた取り扱い等検討が必要である。

関連PDFをダウンロード

学校支援地域本部