ほのぼのワールド

当該教室の概要 休みの2日間、学校のいろいろな教室を使って繰り広げられる教室はワールドの名にふさわしいものです。この事業の特徴は公民館のサークルとの連携・地域の達人たちとの連携・そして四小の教職員・PTAとの連携によるものです。子ども達はたくさんある教室の中からわくわくしながら選びます。
地域の現状と課題 四小の近くにある公民館との連携には歴史があります。いろいろな教室は地域の先生方が盛り上げてくれます。今、このまとめの中心にいるPTAの保護者たちを広げていくことを考えています。
活動場所 小平第四小学校のいろいろな教室
活動日、時間 7月23日(月)24日(火) 午前9時~11時45分
参加対象 1年生~6年生
活動内容 今年は17教室(囲碁・おりがみ・詩吟・パッチワーク・フラダンス・木工・かざぐるまと紙箱・絞り染め・ドラムサークル・パソコン教室・和太鼓・たのしい手話・ビーズ・いけばな・テコンドー・卓球・山崎先生の科学教室)
教室とは別に楽しいエコライフの会の展示説明もあります。
指導者等 指導者は公民館のサークルの方々、地域の方々、四小の先生、PTAの同好会、保護者、朝鮮大学校の学生など
地域とのかかわり 公民館のサークル活動をされている知識や技能を子ども達に、というのがはじまりでした。地域の方々の理解も高く毎年楽しみにしてくださっていることがポイントです。学校もこの事業は一大イベントとしてとらえ、全面協力をしてくれています。
安全管理方策 事業を計画段階からあたる実行委員は安全管理者として全体に気を配ります。各教室には学校をよく知っている先生方が担当として配置され安全面・全体の把握をしています。
参加方法・費用 おたよりで募集し、第3希望まで書いてもらい、人数調整をします。費用は材料費として50円~500円。費用なしの教室もあります。
18年度までの取組 今年で第6回目です。16年度~18年度は地域子ども教室の事業として活動
放課後子ども教室と放課後児童クラブの関係 学童の子どもたちもたくさん参加します。おたよりの中に明記し、ほのぼのワールドに参加することを連絡帳に書いて、学童の先生に提出するように保護者にお願いします。
参加者・保護者の感想 参加者は延べ人数(子供、大人、ボランティア等)で701名という、とても人気のある事業です。帰る時には満足気な得意そうな顔がその日の教室がよかったんだと思わずうれしくなる瞬間です。保護者たちもいろいろな場面で協力を惜しまずがんばってくれます。
運営主体の感想 暑い夏休みのイベントということで、汗ふきふきの当日ですが、地域の方々に支えられながら、四小の夏の行事になってきています。指導者・ボランテアの方々の「たのしいよ」の声を頼りに進めていきたいです。
今後の予定 来年に向けて考えています

学校支援地域本部