四小地区「にじいろひろばスペシャル」

当該教室の概要 にじいろひろばは第1・3木曜日の20分やすみに地域のお年寄などと子ども達のふれあいの場としてスタートしました。20分では物足りないの声に答えて月1回開催されるにじいろひろばスペシャルです。土曜日午後1時30分~3時30分。今年の内容は5月「いろいろな紙ひこうきをつくって飛ばそう」6月「七夕さま☆おりがみとかみしばい☆」7月「オセロに挑戦」9月は22日開催予定。9月以降の内容は、「今後の予定」に記載。
地域の現状と課題 地域に住んでいるお年寄やその人たちに関わる人たちで構成されています。地域の方々は、学校にきて子ども達とふれあうことが、こんなにも先生方や親そして何よりも子ども達に喜ばれるということで大きな励みになっています。最高齢で92歳の方はカルタを担当しています。
活動場所 小平市立小平第四小学校 にじのホール
活動日、時間 毎月一回 土曜日 午後1時30分~3時30分
参加対象 小学生1年~6年生
活動内容 昔あそび・・けんだま・おてだま・あやとり・おはじき・かるた・こま・紙ひこうき・おりがみ・紙しばい・オセロ・囲碁・将棋・百人一首・めんこなど
指導者等 指導は地域のお年よりをはじめとして、地域の方々の得意分野を発揮してもらいます。百人一首は先生方の五色百人一首の会にお願いしています。将棋の時にプロの七段の方にきていただきました。
地域とのかかわり この事業は全面的に地域とのかかわりの中で行われています。にじいろひろばの代表は民生・児童委員が担当しています。
安全管理方策 事業の開催のおたよりの時、参加申し込みをとり、当日連絡のつく電話番号を入れてもらいます。事業開催の時は必ず安全管理者を置き、この場からはなれる場合たとえばトイレなど必ず伝えることを説明のうえ、開催します。
参加方法・費用 おたよりで案内します。費用は年度はじめに保険代100円(他の事業時もこの保険が適用されます)
18年度までの取組 平成16年度より地域子ども教室としてにじいろひろばスペシャルは活動しています。
放課後子ども教室と放課後児童クラブの関係 土曜日の開催ですが、にじいろひろばスペシャルに参加される学童クラブの子どもは学童クラブの先生にも親の方から連絡帳に記入してもらうようにしています。
参加者・保護者の感想 参加者からは20分休みでも顔なじみで、じっくりと遊んでもらえて、いろいろなことを教えてもらえるので、たのしいとの感想が多いです。リピーターが多いのもそのせいでしょうか。保護者も一緒に参加してくれる方も多く、実はあまりこういう遊びはしてなかったと真剣になる人もいます。
運営主体の感想 子ども達のほっとする場所・遊びの楽しさ、人との交わりができればと思っていますが、双方にとっていい居場所になっていることがありがたいです。ボランテアとして登録してくれている方が25名。
今後の予定 9月22日(土)午後1時30分~3時30分 「けんだまに挑戦」
10月13日(土) 「囲碁」
11月10日(土) 「お手玉」
12月8日(土) 「かるたとコマ」
12月か1月には百人一首
今後の課題 お年寄が高齢です。いつまでもお元気でと願っています。今のいい雰囲気を続けていきたいです。

学校支援地域本部