ふれ愛・フリー・スクエア

当該教室の概要 土曜日に、子ども達と保護者や地域の大人の人達との交流の中で、遊びを通じて様々な体験学習をすることによって、子ども達が自ら考え、自主的に判断し行動できる資質や能力、そして思いやりの心など「生きる力」を身につけてもらうことを目的に枚方市立小学校45校で実施しています。
活動場所 枚方市立小学校 45箇所
活動日、時間 毎週土曜日(祝日と8月のお盆休み及び年末年始を除く)の午前9時から午後6時までを基本としています。
参加対象 小学校区に住む1年生から6年生が対象です。また、保護者の方や、ボランティアで一緒に参加していただける方も大歓迎です。
活動内容 <からだを使って遊ぶ>
ボール遊び(サッカー、野球、卓球、ミニバスケ、ドッジボール、ソフトバレー等)、一輪車、遊具遊び、なわとび、陸上競技など
<つくって遊ぶ>
ペットボトルロケット、わらじ、模型、写生、作文、料理、手芸など
<学習・研究する>
自然観察、歴史研究、地域の新聞づくり、農業体験、草花の栽培など
<参加・鑑賞する>
朗読、読書、紙芝居、人形劇、ミニコンサート、ダンス、合唱、伝統芸能など
<ゲーム>
○将棋、囲碁、オセロ、ジグソーパズル、ウノなど
<パソコン>
○インターネット、CGなど
<昔からの遊び>
○たこあげ、けん玉、ビー玉、コマまわし、お手玉、竹馬、あやとりなど
<その他>
○校区まつり、盆踊り、世代間交流事業など
指導者等 教育委員会から管理指導員を派遣し、事業全体の安全管理と調整を行っている。体験学習やスポーツなどは、地域の方やボランティアの方の協力をいただきながら実施します。
地域とのかかわり 校区の各種団体(自治会、子ども会、PTA、青少年育成団体等で構成)へ市の委託を受けて、活動の企画運営及び地域のボランティアの調整を行っている。
安全管理方策 子どもたちの安全管理体制のより一層の拡充のために、ふれ愛・フリー・スクエアサポーターシステムを導入している。

<ふれ愛・フリースクエアサポーターシステム>
ふれ愛・フリー・スクエアの実施にあたって、子どもたちの安全管理体制のより一層の拡充と障害を有する児童の参加に向けたサポート体制の整備のために、ふれ愛・フリー・スクエアサポーターシステムを平成16年度から導入している。

○活動内容
1.安全管理サポーター
・児童の登下校時の校門開閉を含む校門管理
・活動中の校内の巡回や児童の安全について配慮

2.障害児サポーター
・障害のある児童の介助等活動参加へのサポート
参加方法・費用 ふれ愛・フリー・スクエア登録児童カードに必要事項を記入のうえ、学校へ提出してください。ふれ愛・フリー・スクエアへの参加は自由です。ふれ愛・フリー・スクエア登録児童カードは、枚方市教育委員会青少年課及び市内45小学校で配布しています。
登録は無料です。(体験学習などに伴う材料費や教材費は実費で徴収することもあります)

学校支援地域本部