「かなん子ども教室」

参加対象 町内在住小学生
指導者等 地域在住の現職教員・退職教員や住民のボランティアが指導者として協力。また、現職の大学教員、将来参加児童が生き物に興味を持てばと参加。
安全管理方策 参加児童の送迎は保護者で行う。また、時間があれば保護者も活動を参観。
参加方法・費用 年度始めに参加応募を受ける。参加費は材料の必要な教室についてはひとり500円を徴収。
参加対放課後子ども教室と放課後児童クラブの関係象 当町ではどちらも教育委員会が担当。今年度から「放課後子どもプラン」運営委員会を発足、平成20年度にむけ、試行期間としている。
参加者・保護者の感想 「パンを焼こう」に参加して
・たくさんのパンやおやつの作り方を教えてもらいました。一番おいしかったのは、バナナケーキともちもちパンです。家でも手こねクッキーなどかんたんなおやつをつくりました。チョコ春巻き をつくって友達にあげました。
・先生は、パンを丸めるのはじょうずなのに、なぜジャンケンはへたなのですか。

「生き物不思議探検」に参加して
・4年間参加してきていろいろなことがわかったし、知ってたけど、もっと詳しく調べられたからよかった。

「描こう 作ろう」に参加して
・先生たちがやさしく教えてくれました。はじめる前に先生たちみんなでかいたり作ったりする物を用意してくださいました。ありがとうございました。
今後の課題 子どもたちが気軽に参加できるよう実施場所(学校から離れた場所に住む児童にとっては近くの集会所等)を増やし、内容も特色のあるもの、地域に根ざしたものを取り上げ、多くの児童が参加したくなるような教室にしたい。
今後の予定 ・各小学校で放課後、週1回程度「子ども教室」の実施
・イベント「あなたも科学者」(仮称)を実施予定(11月4日(日)町内児童の科学賞展参加作品展示にあわせて総合体育館(ぷくぷく)で)

関連PDFをダウンロード

学校支援地域本部