布忍小学校「土曜地域学校」

活動場所 布忍小学校校内
活動日、時間 水曜日の放課後、土曜日
参加対象 <水曜日>
本校児童
<土曜日>
児童をはじめ、地域・保護者の方々
活動内容 <水曜日>
自由勉強と運動場での遊び
<土曜日>
サッカー、Tボール、ソフトバレーボール、卓球、針金細工、DVD上映、将棋・トランプ・ゲーム、以上を常設とし、年に一度スポーツ記録会、学期に一度、料理教室や折り紙教室、月に2回絵本の読み聞かせを開く
指導者等 <水曜日>
学習アドバイザーとして、大学生のボランティアが入っている。学習の指導は、学習アドバイザーと教師、遊びに関してはコーディネーターと学習アドバイザーの学生、教師で行っている
<土曜日>
主たる指導は、コーディネーターをはじめとする地域の方々が行って下さり、学校の職員も2~3名補助に入る。スポーツ記録会に関してはスポーツ振興会、料理教室については更生保護女性会、折り紙教室については民生児童委員会、絵本の読み聞かせに関しては2名の元保護者の方が指導にあたって下さる。
地域とのかかわり 必要に応じ、教師、遊びを主に指導して下さっている地域の方、各団体の代表、コーディネーター、PTAの代表に集まって頂き、実施計画と学期のまとめを行っている。
安全管理方策 水曜日の放課後、土曜日は安全管理員を配置している。
参加方法・費用 毎週、木曜日に児童向けの案内を出して参加を呼びかけている。
参加費は、基本的には無料。料理教室等は、必要に応じて、参加者に実費徴収している。
18年度までの取組 平成4年度より「学校週5日制推進事業」を実施し、各小学校区において休業土曜日の校庭開放や子どものための多様なイベントが取り組まれてきた。
また、平成14年度からは、完全学校週5日制の実施を踏まえ、「土曜子ども体験活動推進事業」として、事業の充実が図られてきた。
運営主体の感想 ここ数年、常設の取り組みが定着して楽しみにしている子どもたちも多くいるが、もっと子どもたちのニーズに合った取り組みを進めていく必要もあるだろう。
今後の課題 関わって頂く、大人側のスタッフ(指導者)の輪をもっと拡げていきたい。

学校支援地域本部