大間町放課後子ども教室

ゴミ拾い

ゴミ拾い

風船

風船

当該教室の概要 当町の3つの子ども教室をまとめて紹介します。
地域の現状と課題 天気のよい日には、北海道が一望できる、マグロの一本釣りで有名な大間町です。
活動場所 大間町立公民館、大間町農業研修センター、大間町民体育館
活動日、時間 基本的に大間と奥戸は毎週土曜日の9時から12時まで、スポーツは毎週木曜日の14時半から17時半まで行っています。都合により変更の場合があります。
参加対象 町内小学校
活動内容 読み聞かせ、俳句、手工芸、昔遊び、ボランティア体験、郷土芸能、地域調査、スポーツ体験(サッカー、フットサル、ドッジボール等)
指導者等 読書サークル、俳句会、老人クラブ、婦人会、地域団体、体育協会、体育指導員、退職教員等で活動しています。
地域とのかかわり 町の広報での募集や、大間町内の各種団体で打合せ会議をして決定しています。
読書サークル、俳句会、老人クラブ、婦人会、地域団体、体育協会、体育指導員、退職教員等で活動しています。
安全管理方策 安全管理員、教育委員会、病院との連携
参加方法・費用 小学校に周知しているので自由参加で登録し、費用は無料です。
18年度までの取組 地域子ども教室推進事業により、開設。上記指導者を中心に活動してきました。大間小学校建て替えによる古い校舎の思い出作りの活動を行いました。
放課後子ども教室と放課後児童クラブの関係 大間町では放課後子ども教室のみ活動しています。当町には児童クラブがないため、放課後子ども教室の取り組みは地域の人々に歓迎されています。
参加者・保護者の感想 学校とは違う子どもの居場所作りとして喜ばれています。文化系の活動や、特に学校にはサッカー部がなく、サッカーをしたい子どもが集まってきたりして楽しんでます。
運営主体の感想 楽しみにして参加してくれる子ども達の姿を見れば、活動して良かったと思います。
今後の予定 定期的な活動はもちろん、大間町で初めての子どものサッカー大会を開催する予定です。
今後の課題 更なる指導者の確保、学校との連携等の課題があります。

学校支援地域本部