子どもあそびの広場

近所の花屋さんから花の名前や植え方を教えてもらったよ。元気に育つと良いな♪(h19.5.30実施)

近所の花屋さんから花の名前や植え方を教えてもらったよ。
元気に育つと良いな♪(h19.5.30実施)

当該教室の概要 心も体ものびのびと安全で安心して活動できる居場所をつくり、異年齢の子どもたちや地域の人々と触れ合うことにより、地域一体となって心豊かに育む環境づくりを目指すものです。
地域の現状と課題 近くに遊べるような公園などが少なくなってきているので、地域の人々とかかわることができる安全で安心な居場所が必要である。
活動場所 五戸町立公民館
活動日、時間 毎週水・金曜日:午後3時30分から午後5時まで(11月~3月は午後4時30分まで)
土曜日(月1回):午前10時から11時30分まで
参加対象 五戸小学校1~6年生
活動内容 水曜日:工作や読み聞かせなど安全管理員による遊びの提供
金曜日:縄跳びやボール遊び、宿題をするなど児童が自由にのびのびと過ごす
指導者等 安全管理員:広報等による公募。遊びを提供したり、安全に活動できるよう見守る。

学習アドバイザー:体験活動を指導する。花植えや、工作などの指導をしていただいた。

コーディネーター:ホームページの作成、安全管理員や行政との連絡調整などを担当。
地域とのかかわり 土曜日の体験活動では、図書館との合同で体験活動を実施したり、地域の住民と一緒に参加できるようなイベントを実施している。また町のイベントで作品や写真を展示し活動のPRをした。
安全管理方策 安全マニュアルの作成、健康観察、安全点検、避難訓練
参加方法・費用 緊急連絡先やアレルギー等を記載した連絡カードを添えて申し込みをする。
参加料:年2,000円(おやつ代や保険料含む)
18年度までの取組 五戸町こどもの居場所づくり実行委員会が運営主体として、毎週水曜日に実施
放課後子ども教室と放課後児童クラブの関係 放課後子ども教室:社会教育課
放課後児童クラブ:福祉課
参加者・保護者の感想 保護者アンケートから抜粋(平成18年3月実施)
学年の異なる生徒間の交流ができてとても良いと思いました。子どもが明るくなった。作ることに興味を持ってきた。家ではあまり体を動かす機会がないので良い。泣いたり笑ったりしながら社会のルールが身についていくと思う。
運営主体の感想 地域からの協力をいただきながら、工作、スポーツ、勉強、読み聞かせなど様々な体験ができて良い事業だと思います。活動を支えているコーディネーターや安全管理員にとても感謝しています。
今後の予定 毎週水・金曜日:午後3時30分から午後5時まで(11月~3月は午後4時30分まで)
土曜日(月1回):午前10時から11時30分まで
今後の課題 地域の住民が気軽に参加できる雰囲気づくりとPRをして、豊かな活動を展開していきたい。また、地域で活動をしている人々をどのような方法で事業に結び付けていくか検討しなければならない。
HP 元気ッズサポートセンター
http://www.town.gonohe.aomori.jp/remipa/

学校支援地域本部