平成29年度 地域学校協働活動推進員の研修会について

「地域と学校の連携・協働推進研修会」の開催について

文部科学省では、これまで取り組んできた地域学校協働活動を行うにあたっての課題を、どのように克服したか等を地域学校協働活動推進員(地域コーディネーター)間で共有するとともに、相互に交流することで、推進員の質の向上を図るとともに、推進員間のネットワーク構築や新たな人材の確保につながる交流の機会となる研修会を実施します。

1.地域と学校の連携・協働推進研修会への参加について

第一部(午前)は、地域学校協働活動の徹底理解と個別の活動についての具体的なイメージができるよう事例
紹介を行い活動の成果や課題等を共有します。
第二部(午後)では、ワークショップ型研修として参加者が興味ある分野に分かれて、話し合う機会を設けます。

日  時: 平成30年1月26日(金)10:30~13:00、14:00~16:30 
       終了後、懇親会(センター内のレストラン)
対  象: 行政関係者、学校関係者、地域学校協働活動推進員(地域コーディネーター)等、活動推進に興味
       のある方(行政と活動者両方での参加を推奨します)
場  所: 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町3番1号)
               https://nyc.niye.go.jp/category/access/
申込期限: 平成30年1月12日(金)までに定員100人の先着順とさせていただきます。
               ※定員に達しました。※                 
             
  コーディネーターの参加に関してのみ必要に応じご相談下さい。 
            
  連絡先:特定非営利活動法人 スクール・アドバイス・ネットワーク(TEL:03-5347-2372)

               添付「参加申込書」をご記入の上、Fax(03-5347-2373)または
              メール(kyodo@sanet.jp)にてお申し込みください。
        ※お申し込み後に、詳細をお知らせいたします。
                ※お問い合わせ 特定非営利活動法人 スクール・アドバイス・ネットワーク
                TEL:03-5347-2372

2.研修会の内容

第一部:研修
  (1)地域学校協働活動とは/地域学校協働活動推進員とは  
                 文部科学省生涯学習政策局社会教育課地域学校協働推進室長 西川 由香
 (2)地域学校協働活動の必要性
           特定非営利活動法人 スクール・アドバイス・ネットワーク 理事長  生重 幸恵 氏
 (3)各分野での活動推進者に聞く
    ①学校支援活動(宮崎県小林市教育委員会)
    ②放課後子供教室(秋田県北秋田市教育委員会)
    ③家庭教育支援(家庭教育支援チーム「こもんず」(千葉県千葉市))
    ④地域活動と学校(みたかSCサポートネット(東京都三鷹市))

 第二部:分野別研修
 (1)学校支援活動:
        地域の方々が学校に入り、学習サポートや学校運営の支援(環境や図書館の整備、行事支援、登下校
        の安全管理等)を行う学校支援活動。学校支援から、地域学校協働活動へ一歩進めるための方策なども参
        加者とともに考えます。
 (2)放課後子供教室
    放課後の安心、安全な居場所を提供する放課後子供教室。さらに、放課後児童クラブとの連携の在り方
        についても情報交換をしていきます。
 (3)家庭教育支援
   子育て講座の運営や家庭教育に関する相談対応など、今後ますます必要になると予想される「家庭教育
          支援チーム」の活動の推進を考えていきます。
 (4)地域活動と学校
   地域の防災訓練等に子供たちが主体的に関わる、伝統文化等を継承するために地域の人たちが子供た
        ちとともに活動するなど、地域行事や地域課題等に対して、地域と学校はどのように協働していけばよい
        のかを考えます。
 
        ※分野別研修後に振り返りとまとめを行います。
        ※終了後に懇親会を実施します。

「地域と学校の連携・協働推進研修会」のチラシ

[PDF 1,050KB]

ダウンロード