岡山県赤磐市「山陽東小学校学校支援地域本部」

学校支援を通じたまちづくり

澤 健(山陽東小学校学校支援ボランティアチーフコーディネーター)

 山陽東小学校は、人口16,000人のニュータウン(一つの中学校区)にあり、ニュータウンゆえにコミュニティの形成が不十分であり、核家族化も進んでいることから子育てに不安を抱えている親も多く、また、将来の高齢化も懸念される立地にあります。そこで、「学校支援を通じたコミュニティづくり」をしたいという6人の地域住民が、赤磐市教育委員会と山陽東小学校にお願いし、学校支援地域本部を立ち上げました。地域住民の押しかけ女房スタイルで始まったことに同本部の一つの特徴があります。

 同本部には、学習・活動・環境整備・安全と4つのグループがあり、それぞれのグループのリーダーがコーディネーターであるとともに、他に資料作成担当とチーフコーディネーターがいて、全部で6人のコーディネーター体制になっています。月に1回、校長先生・教頭先生・地域連携担当の先生と教育委員会も含めたコーディネーター会議をしています。東小学校の中は、ボランティアをしている様子の写真が掲示されていて、毎月の学校便りにボランティアのことを書いていないときがありません。ボランティアもコーディネーターも学校のご努力のおかげで本当に楽しくやりがいを持ってボランティアに取り組んでいます。

 山陽東小学校の学校支援地域本部の活動が評判となり、今年度からは、ニュータウン内の他の二つの小学校でも同じコーディネーター体制(月1回のコーディネーター会議を含む)で学校支援地域本部が始まりました。今年の夏には、市教育委員会・各3校の校長先生・教頭先生・地域連携担当の先生も入った、3校合同のコーディネーター会議も実施しました。現在3校の登録ボランティア数は250名でニュータウンの人口の約1.5%です。「学校支援を通じたまちづくり」が少しずつ進んでいると感じています。

夏休み算数教室(地域の中学生もボランティアとして参加している)

  児童会主催の「ボランティア感謝の会」

山陽東小学校全教職員とコーディネーターの交流会