青森県板柳町「りんごの里 キッズホリディ教室」

陶芸教室指導者代表 泉 精子

先生、ここどうやって作るかわかんない。」「お皿を作りたいんだけど、どうやるの?」などと自分でたずねてくる。陶芸教室には今年34名の子ども達が来ている。北小、南小、小阿弥小、東小のどちらの学校から来ていても、1年生でも6年生でも皆同じ。それぞれ自分の作りたいものに向かって黙々と活動し、熱の入った時間が過ぎる。時々、先生にやってもらって途中から「あといい、私がやる。」という積極的な子もいて頼もしい限り。

陶芸教室

「教室に来るとシート敷き、机出しの準備からはじまり、作業終了後は片付け、清掃、反省、次回の期待をして終わる。「ありがとうございました。」の感謝の言葉や、公民館の人への礼儀は忘れず、充実した休日のひと時を過ごします。