秋田県鹿角市「サタちびっ」

メラメラ燃えるぜ 新学期「火をおこして、ツイストパンを焼こう」

安田 孝司(学習アドバイザー) ボーイスカウト秋田26団花輪委員長 花輪地域づくり協議会会長

新学期が始まり、それぞれが新しい環境になじみ始めた時期に、学校と異なる環境で、学校では体験できないことをやってみよう、ということで火をおこし、「自分で食べるものを自分で作る」作業にチャレンジしました。パン作りは粉を混ぜることからスタートです。

初めてだし、かなり力がいる作業で、「できないよ~」と弱音を吐く子どもも。高学年のお兄さん、お姉さんに助けてもらいながら何とかまとめることができました。その後は細長く伸ばして棒にまきつけました。

イースト菌を加えた粉は時間がたつと少し膨らんできます。これを火鉢にくべて少しずつ焼いていくと・・・香ばしい香りがあたりに漂ってきました。本日のお昼ごはんは、焼きあがったパンがメインディッシュです。

少し焦げていたって、自分が作ったパンの味は格別です。みんなきれいに平らげました。つぎは鹿角が発祥の地であるきりたんぽづくりにチャレンジです。