山口県長門市「深川地域協育ネット」

~茶道が心と心をつなぐ~

学校支援ボランティア(平成20年6月より、学校支援ボランティア) 河畑 加都代

 今年度、長門市中央公民館が主体となり進めている「深川地域協育ネット」事業の学習支援ボランティアとして、長門市立深川小学校のクラブ活動に関っている。
 近年、子どもたちの生活の様子を目にし耳にするにつけ、小学生が茶道に興味をもち、特別活動としてのクラブに取り上げられようとは思ってもみなかった。急激な少子高齢化が進む本市で、茶道の活動を続けている私にとって驚きでもあり大きな喜びでもあった。
 活動に参加して、初めは、子どもたちへ茶道についてどのように伝えていけばいいか?少しは分かってくれるだろうか?など不安もあったが、子どもたちの明るいあいさつや真剣なまなざしに、私たちも頑張っていかねばと元気をもらっている。
 年7回の茶道の活動を遠して、あいさつや礼儀作法もしっかり伝え、心と心をつないでいきたい。そのために、打合せ時間や活動時間は十分とれないが、工夫しながらコーディネーター役の担当の先生としっかり打合せをしていきたい。
          
       茶道について話す                     お湯はこれくらいでね