岩手県 奥州市 「読書ボランティア団体 『胆江ゆめネットワーク』」

「中学生への読み聞かせ」 ・中学校で毎朝行われている朝読書の10分間に、ボランティアが入り、絵本等の読み聞かせを実施。(奥州市内 全12中学校で実施)

読書ボランティア団体「胆江ゆめネットワーク」 委員長 新渡戸 智子、事務局長 菊池 千賀子

【生徒・ボランティアの感想、学校の評価】
≪生徒の感想≫
・ 読み聞かせが新鮮で、何回も読んだことのある絵本が面白く感じられ、すごく楽しかった。
・「子どもたちの遺言」は、作者の詩が今の私に何かを気づかせてくれたような気がした。
≪ボランティアの感想≫
・中学生への読み聞かせは初めてだったが、子どもたちと関わることができ、幸せな10分間を過ごすことができた。
・中学生が私の話を聞いてくれるだろうか心配だったが、生徒から「初めて読み聞かせをしてもらって嬉しかった」と言われ、ボランティアをして良かったと思った。
≪学校の評価≫
・静かに落ち着いた雰囲気で、一日をはじめようとする意識が高まった。
人の声で届けられる本の内容は新鮮に聞こえ、ゆっくりとした時間を過ごせた。

      
床に座って、リラックスしながら読み聞かせに        黒板の生徒手書きの「Welcome」メッセージに
聞き入る中学生!                         感動のボランティアさん!