「ディスカバー農山漁村(むら)の宝アワード」(第8回選定)の応募を開始しました!(農林水産省事業)

 農林水産省農村振興局からのお知らせです。
 「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」とは、農山漁村の活性化に取り組む優良事例を選定・表彰し、全国に発信する取組で、今年度は、6月16日(水)~8月31日(火)の間で募集することとなりました。
 募集は、団体向けの「団体部門」、個人向けの「個人部門」の2部門に分けて行われ、部門ごとに有識者懇談会委員により審査、選定されます。 
 選定結果は10月頃に公表され、選定された団体、個人に対しては、選定証の授与を行うとともに、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の特設Webサイトでの活動の紹介などを通じて全国的な情報発信を行います。
 小中学校において実施されている、以下のような取組については、当アワードにおいても高く評価される取組であると考えられます。
  ① 地域の歴史・魅力を子どもへ伝え、次世代の担い手を育てる取組。
  ② 農業関係者との連携による食育を通じた、地産地消を実践する取組。
  ③ 都市部の子どもと地域コミュニティとの交流を通じた、農山漁村への理解を深める取組。
  ④ 地域に生息する希少な生物の保護や環境保全を図る取組。
 地域の活力創造につながる優良な事例として選定されれば、全国発信されることで取組内容のPRにも繋がることから、積極的な応募(自薦・他薦ともに可)を検討して頂くようお願い致します。
 皆様の素晴らしい取組を全国へ広げていきましょう!

〇農林水産省プレスリリース(令和3年6月16日)
 http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/210616.html

〇総理官邸で行われた交流会の様子(令和元年12月)
 https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201912/03mura.html