ふれあい天文学 -あなたの学校へ天文学者を届けます!-

大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台

学習テーマ
  • 職業教育・キャリア教育
  • 理科実験
教科
  • 小学校理科
  • 小学校特別活動
  • 中学校理科
  • 中学校特別活動
費用
  • すべて無料

【2020年度プログラムの概要】
「ふれあい天文学」は、国立天文台の天文学者が全国各地の小中学校にて授業を行う取り組みです。
今年度は例年とは少し形式を変え、「ビデオ通話システムを利用した遠隔授業」を中心に行い、
状況が許す場合には講師が学校に出向きます。
こんな時だからこそ、天文学を通じて、全国の小中学生と一緒に私たちも元気を取り戻したいと
考えています。そして、希望してくださる学校がある限り、安全な方法で授業を実施していきます。

授業の後いただいた感想の中で、「天文学者になりたい」と言ってくれた子供もいましたし、
一方で「子供たちから元気をもらった」「来年も行きたい」と講師も言っています。
例年40名を超える天文学者が講師となって、太陽や月のお話、星の誕生のしくみ、ブラックホールの不思議、
太陽系を旅する宇宙旅行など個性あふれる、星や宇宙の話題を届けています。
「ふれあい天文学」は子供たちが天文学者と直接授業を受ける貴重な機会となります。
今年度はあなたの学校で天文学者による授業を受けてみませんか?

【プログラムの進行(進め方)】

募集期間:2020年8月末日締切

対象 :全国の小学校(4年生以上)、中学校

内容 :天文学に関わる授業と質疑

実施期間:2020年9月から翌年2月の間で学校と講師と相談の上決定

募集対象:全国の小学校(4年生以上)、中学校

実施方法:ビデオ通話システム(注)を利用した遠隔授業、可能であれば講師を派遣します。
※使用可能なシステム:Zoom、Microsoft Teams、Skypeなど

その他:
実施日時、詳しい授業内容については講師と相談の上実施いたします。
ビデオ通話システムでは講師と学校(各クラス)をつなぎます。原則、児童・生徒の自宅とはつなぎません。
状況により可能であれば講師を派遣いたしますが、状況の変化によっては中止または遠隔授業に切り替えることがあります。
二次募集の可能性もあります。
この事業は「天文学振興募金」の支援を受けており、実施校の負担はありません。
申込み方法、授業内容など詳しくはこちらをご覧下さい。
https://prc.nao.ac.jp/delivery/ 新しいウィンドウで開きます

【プログラム実施の所要時間】
45分から100分(1〜2コマ)程度。学校と講師と相談の上決定。

【必要経費】
すべて無償

【URL】
https://prc.nao.ac.jp/delivery/ 新しいウィンドウで開きます

【企業・団体等情報】
大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台

活動名: ふれあい天文学 -あなたの学校へ天文学者を届けます!-
対象学年 開催可能日 実施エリア
小学校4年生
小学校5年生
小学校6年生
中学校1年生
中学校2年生
中学校3年生
学校の授業
放課後
土曜日
夏休み
冬休み
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 
お問い合わせ
企業・団体 担当 連絡先(電話番号) 連絡先(メールアドレス)
大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台 天文情報センター 0422-34-3900(Ex 3380) fureai@prcml.mtk.nao.ac.jp

お問合せ先が表示されていない場合は、文部科学省までお問い合わせください。

検索トップページに戻る