地域学校協働活動推進員(コーディネーター)の方

地域学校協働活動推進員(コーディネーター)の方の画像

地域と学校の連携・協働を推進するために不可欠なのは、「地域学校協働活動推進員(コーディネーター)(以下「推進員」という。)」です!推進員は、地域と学校の連携・協働の推進に当たって重要な役割を果たします。

推進員の役割

・地域と学校との連絡調整、情報の共有
地域学校協働活動の企画、調整、運営
・地域住民への呼びかけ など

平成29年3月には、法律(注)が改正され、推進員等の学校運営に資する活動を行う方を学校運営協議会の委員として追加するなど制度の見直しが行われました。また、推進員の方々を法律に位置付けられた存在として、教育委員会が委嘱できることになりました。推進員の方々は、地域学校協働活動のみならず、コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)においても重要な役割を担っていくことが期待されます。

地域住民等を良く知り、学校関係者とも円滑にコミュニケーションがとれる推進員が地域と学校との間を調整することで、地域と学校がパートナーとして協働することができます。

地域学校協働活動推進員(コーディネーター)の方へ
あなたの力を学校・社会が求めています!

地域と学校との橋渡し役として、双方の事情や要望などを十分に理解し、地域学校協働活動が学校運営の改善に結びつくよう、双方への積極的な働きかけをよろしくお願いいたします。

より詳しい情報については以下のページをご覧ください