保護者・地域の方

保護者・地域の方の画像

子供たちを取り巻く状況を考えてみましょう。

学校においては・・・いじめや不登校、貧困など、課題はより複雑で困難なものとなっています。
一方、これからの社会は・・・急速な発展により、予測不能な未来がくることが予想されています。

子供たちは様々な課題を解決しながら、生き抜かなければなりません!

そこで、文部科学省では、2020年からの新しい学習指導要領を作成し、そのための法制度の整備や地方自治体への財政支援などを行っており、保護者や地域の方々と学校が協働して子供たちの学びを支える取組を推進しています。

「誰かが何とかしてくれる、のではなく、自分たちが『当事者』として、
自分たちの力で学校や地域を創り上げていく。
子供たちのために学校を良くしたい、元気な地域を創りたい、
そんな『志』があつまる学校、地域が創られ、そこから、子供たちが自己実現や地域貢献など、
志を果たしていける未来こそ、これからの未来の姿である。」 (注)

【平成27年12月の中央教育審議会の答申(注)のまとめを引用】

「これからの未来の姿」の実現には、 学校のみならず、家庭や地域、企業やNPOなど、多様な人々や団体・機関がパートナーとして連携・協働していくことが重要です。 それにより、子供だけでなく、大人も地域も、みんな元気になるのです!

保護者の皆さま、地域の皆さま

あなたもパートナーの一員になりませんか。
各教育委員会が「地域と学校の連携・協働の推進に向けた取組」を推進しています。ぜひ積極的に参画ください。

地域全体で未来を担う子供たちの成長を支える仕組み(活動概念図)

より詳しい情報については以下のページをご覧ください